にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

2009年1月22日木曜日

第17話:現代釈尊(今の仏教)

今の仏教は、葬式仏教と云われています。なぜ、そうなったかというと、それは、戦国時代にまでさかのぼります。


当時の混乱した社会の中で、軍事力もった、増大した仏教勢力を、信長と秀吉は大弾圧をします。


その後、江戸幕府も、寺の軍事力を削ぐため、寺に関する厳しい統制をかけ、江戸幕府は、仏教そのものを国教(寺請制度)としました。


事実上、国教になったことにより、すべての僧侶が幕府の官僧となり、
この結果、僧侶たちは、生活が保障され、布教のために信者を獲得する必要がなくなったのです。


そして、僧侶たちの仕事は、葬式と法事にお経を唱える葬式仏教となってしまったのです。
現代もその流れで、現在に至っているわけです。


しかし、伝統的な仏教とは別の流れとして、新しい仏教教団が大正、昭和の時代に登場します。
それは、本来の仏教の復活でもありました。


たとえば、立正佼成会は、2500年前の釈尊教団をみているようです。


佼成会内部は、みな平等で、法華経を読誦し勉強し、布教も一般の人を強引に勧誘することなく、
ただ、法華経のご縁になっていただくことをお誘い祈るのみです。
また、募金や毛布等をボランティアで集め、世界の恵まれない人達に寄付させてもらう。


そう、立正佼成会は、仏・法・僧(釈尊、法華経、同信者の平等の和)が、ほどよく揃った理想的な仏教教団なのです。(オイ、こんなに持ち上げていいのか・・・)


そういえば、上座部仏教の東南アジア諸国へ進出した現地の佼成会の信者さん達は、佼成会に入ることにより、お経をあげたり、
布教活動ができることなど、すごく有り難いとのことでした。これは、上座部仏教の影響で現地のお坊さん以外は、そのような行いはしないとのことでした。


とにかく、世界を救える多分唯一の宗教は、他を排除する宗教でなく、すべての神々を包含し、すべての人々の大調和を目指す仏教しかないのです。
そして、現代の今、その釈尊の教えが日本から世界へ広がろうとしてるのです!


上記を読んで立正佼成会をもっと知りたいと思った人は、以下をアクセスしてみてください。




きっと、そこには、法華経を学ぶ機会があり、同信者の和の中で自分を磨ける機会があると思います。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

世界を救える宗教は絶対に立正佼成会ではありません。なぜならば、信仰の対象が間違っているからです。末法に釈迦の像をいくら拝んでも(偶像崇拝)なんの功徳も生まれません。
最後に、日本国憲法に信仰の自由は保障されています。決して立正佼成会の活動、筆者の信仰を批判しているのではありません。